furukawaさんのブログ

お茶の間シネマトーク「ダンシング・べートーヴェン」

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

モーリス・ベジャールの「ボレロ」は、ドラマチックな振り付けで有名です。

その大成功した「ボレロ」の次なる傑作が、べートーヴェンの「第九交響曲」。しかし、1978年にベジャールによって上演が封印され、ベジャール亡きあと「第九」の再演は不可能といわれてきたそうです。

その「第九」が、東京バレエ団の創立50周年記念としてモーリス・ベジャールバレエ団と共同制作されることになり、その上演までの9ヶ月間を記録したドキュメンタリー作品です。

生涯にわたってひとつの作品を手直ししつづける振付家もいるそうだけれど、ベジャールは次々と新しいものを生み出すタイプ。そしてその姿勢は彼の生みだすダンスにもあらわれていて、まるでフロアに足がつくまえに次のステップをふんでいくような独特の振り付けです。

「第九」を作曲した頃のベートーヴェンはほとんど聴覚を失っていたそうなので、もしべートーヴェンがベジャールの「第九」を見たら、音のひとつひとつを「目にする」ことができただろうに、とコメントされていました。それだけひとつひとつの音を大切にして振り付けされているので、ダンサーはとても繊細な表現を要求されます。

ローザンヌと東京でのダンサーたちの稽古風景、そのあいだに起こったアクシデント、演出家やダンサーのインタビュー、オーケストラや合唱団の練習風景がおりこまれ ・・・ 出来上がった舞台では、350人ものアーティストたちがごく自然に踊り、演奏し、歌っているけれど、そこまでの全力で創りあげてゆく道のりをつぶさに見ることができます。



そして、出来上がった「第九」は今まで自分が知っていた「第九」とは思えないものに。あらためてベジャールのダンスにこころが揺さぶられ、引きこまれるのを感じました。

ああ、またこの作品が上演されることがあったら、最初から終わりまでの流れを感じながら、まるまるすべてを楽しみたいものです。

 

 

こんなところにスケートリンク

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

冬の屋外スケートリンクなんて、なんだか N.Y. みたい♡

風をきって、みんなスイスイ楽しそう。でも、お子ちゃまばかりで、ロマンチックな恋人たちはおりませんが。

ここは恵比寿ガーデンプレイス、ロブションの館のまえです。

ちなみに、これは氷のリンクではなくて樹脂なんですと。

こんどはパリの街角みたいに、きらんきらんなメリーゴーランドもつくってほしいな〜。

 

 

気づきの日記「 “カラっぽ” のススメ」

新しい年が走りはじめて早10日。すっかり日常がもどってきました。

いつも「気づきの日記」を書き始めると、延々とどこまでも書き続け、つい何千字という膨大なものになってしまいます。が、今年はなんとか短めも目指したいと思っております。 ・・・どうなることか? (言葉がやってくるときには、止められませぬ・汗)

なぜあんなに長文になるか ・・・ というと、その昔、自分自身がこの分野の本を読んでいて、そのなかにサラリと書かれているひとことで、勘違いや間違ったイメージをもってしまったことがあったからなのです。のちに、「え? ぜんぜんそういうことじゃないじゃない?!」ということが多々あり。

もともと、影も形もないこころのことを説明しようとすることじたい至難の業なのです。口頭であれこれ説明しても、伝わってないな〜と思うこともあります。そのうえ、最近は英語でのセッションもふえてきて、日本語でさえ四苦八苦しているのに、まったくもって自分が何を話しているのやら ・・・大汗。

ブログではなるべくいろいろな言い回しで説明しようとするので、ついつい長くなるわけです。

さて ・・・ 新しい年において、ひとこと、なにかオススメできるとしたら、なんだろう? と考えました。

そのひとこととは ・・・ 「カラ」です。

「殻」ではなく、「空(カラ)」。

私たちの日常においては、「何かをゲットすること」が目標になっています。つねに「得る」ことが基本です。

その弊害を解消するために「断捨離」がブームになりましたが。

それでも、わたしたちの行動の根底にあるのは、つねに手に入れ、成し遂げ、ああなり、こうなり ・・・ あれこれすべてをつけ足すこと、プラスするイメージ。

でも、その「つけ足さなくてはならない」という強迫観念の下にあるのは、決定的な不足感と欠乏への怖れに他なりません。

その決定的な欠乏への怖れを癒してくれるものは、じつは「カラ」なのです。

つまり、自分のなかを「カラ」にしないと入ってくるものさえ、入ってくる余地がないというわけです。

だから、「自分をなるべくカラにしてあげること」が大切なのです。

たとえば・・・ あれこれジャッジする癖を手放す、一瞬まえにすぎたことさえサラリと忘れる、ひとの言葉を根にもたない・こだわらない、不平やら不満を言わない、四六時中ブツブツこころのなかでおしゃべりしない ・・・。

しかし、こころのなかを静かにして「カラ」にしようとすると、強い不安に直面するという方もいます。それが怖くなって、またアタマのおしゃべりに戻ってしまう、というわけです。

その強い不安はずっとそこにあったのですが、じつはこころの「おしゃべり」におおい隠されて気づくことがなかっただけだったのです。つまり、その感情に向きあいたくないがために、こころのなかをジャンクな想いで一杯にしてごまかしていたのです。

感情が出てきた場合には、ただ片づけてしまいましょう。

その感情について、まったく言葉を使わずに、ただそのまま感情のエネルギーを感じてあげましょう。

感情というものは、言葉をくっつけることがなければ、ただビリビリ、バリバリ、ドキドキ、カーッ、ジンジン ・・・ というようなエネルギーでしかありません。そして、それはただ受けとめてあげると消えていきます。

「感じても、同じ感情がじゃんじゃん出てくるんですけれど」という場合は、がっつりたまっているだけなので、くじけずに根気よく感じてあげましょう。そのうち、静かになってきます。

このように、自分のなかにぱんぱんになっている「考え」やら「感情」を「カラ」にしてあげると、自分のなかに本来もっていたものがあらわれてきます。(癒しというのは、自分を変えようとすることではなく、本来の自分を出してあげること。)

それが出てくると、「何かをつけ足そう」という欠乏感が癒され、その癒されたこころがもとになって、平和で穏やかな世界を自分に見せてくれるようになります。

つまり、自分のなかの光が外へと広がり、それを自分で目にするようになるわけです。

そうすると、汗水をながして何かを達成しようとする気持ちがなくなるとともに、こんどは自分の目のまえに必要なものごとや人が自然にあらわれるようになります。人はそれを「引きつけた」というかもしれませんが、それこそが自然な状態です。

自分を「カラ」にすることは、自分を癒してあげること。

まずは、思考や価値判断、不平不満、後悔、執着などを手放して、自分のなかを静かにすることを是非こころがけてみましょう。

じつは、「考え」がなくなると、問題がぐっと減ることに気がつくと思います。

「カラっぽ」「カラっぽ」 ・・・ 張り子のススメでした。( ・◡・ )♫

PS ああだこうだ書いているうちに、結局二千字近くになってしまいました〜! (o_o)

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング

 

新年のおまいり

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

ここ数年、「前倒し初詣」で大晦日におまいりをしていましたが、今年は年明けとなりました。

渋谷でランチをしていたので、そこから徒歩で行かれる渋谷警察署うら手にある金王八幡宮へ。

「なんか静かだね」「誰もいないのかな?」と私たち。しかし ・・・ 一歩足をふみいれたら、大行列。

渋谷のまんなかにこんな立派な歴史ある神社が存在するとは。さらに、すぐ隣には豊栄稲荷もあり、そちらもおまいり。人影がなく静かです。

というわけで、お正月らしくおまいりもし、たくさん笑って、お喋りして、そしておいしいランチとお茶も! よい新年のスタートとなりました。

ランチは、新年も営業しているコンコンブルさん。

ここは太鼓判のお味で、誰とご一緒してもみんな気に入ってくれます。この日も、とても喜んでもらえました♪

お喋りに興じてついつい長居してしまった私たちに、フランス人の給仕のおにいさまは7〜8回もコーヒーを注ぎにきてくださいましたよ(汗)。

Herbs でさらにお喋りに花が咲きました♪

 

 

2018年、新しい年になりました!

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

あけましておめでとうございます

今年も軽やかな足どりで、楽しげな足跡を残しながら進んで行きましょう♪
本年もどうぞよろしくお願い致します。

オフィス・るん
古川 貴子

 

今年最後のおでかけスウィーツ

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

今年のシメのスウィーツはペニンシュラホテルのアフタヌーンティーでした!

背景と一体化してスウィーツタワーがわかりづらいのですが、

実際にはこんな感じ。可愛いスウィーツやセイボリーが、宙にういているみたいな演出となっています。

新春にむけて、香りゆたかなストロベリーがテーマです。

セイボリーは4種類。ズワイ蟹にサーモン、帆立、ゴルゴンゾーラとイチジクなど、ちょっと大人なテイストでシャンパンとともに。飲めないわたしたちは、このシャンパンですっかりイイ気分。アタマのネジがふっとんだようで、ちょいと会話がヘンです。まあ、年末ですしね! (´ー`)ノ

そして、6種類のストロベリースウィーツとスコーンも。

ペニンシュラのアフタヌーンティーはかなりオシャレなので、見た目だけかしら? と思っていたのですが、期待を大きく裏切られました。

すんご〜く(のさらに2乗)おいしかったのです。二人で「おいしいね〜♡」を連発。スコーンにはじまって、タルト生地も洋酒の香りのクリームもクオリティが高いのです。これは、外人パティシエか?!と思って聞いてみれば、フランス人の方だそうです。

今年はあちこちでアフタヌーンティーをしたけれど、スウィーツのクオリティときめ細やかさは、ペニンシュラが No.1 です(また来年、まだ制覇していないアフタヌーンティーめぐりをいたしますが)。

スウィーツに興味がなかった友人も、すっかりアフタヌーンティーファンとなりましたよ♪

というわけで、今年のスウィーツの旅も素敵に幕をとじたのでした。最後はとびきりのアフタヌーンティーでしめることができて幸せです♡

ベルボーイのクマちゃん。たまにラウンジに姿をあらわします。

女の子のテーブルで油をうってる(いえ、サービスにいそしんでいる)図。・・・ すっかり地が出ちゃってやしませんか〜?!(なんか笑える・・・ 手元がね)

それでは、みなさま、よいお年を〜♡ 

今年もお疲れさま

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

29日ともなると街ゆく人もせわしなく、年の瀬の雰囲気が感じられますね。

みなさまはもう、仕事納めをされましたか? 一年間お疲れさまでした。

じつは、私はまだお仕事続行中なのです。ギリギリまで頑張りま〜す!(汗)

昨日は、セッションにいらして下さったお友だちとランチ♪

ともに中華な気分だったので、「るん」のトイメンにある「花壇」さんへ。

ここのランチは、サラダ、ザーサイ、デザート(杏仁豆腐、キャラメルプリン)のブッフェつき。あれこれたくさんとっていたら、オーダーした五目焼きそばが予想外のボリューム。

野菜の具が、これでもか!というぐらい山盛りで、食べども食べども麺にたどりつけません! 具2:麺1 ぐらいに感じましたよ。でも、野菜不足にはもってこいです。

お友だちの炒飯も、負けずにモリモリでした。

PS お互い「こんなに食べられるかな?」と心配しつつ、結局は全部たいらげて、「すんご〜くお腹いっぱいだね! 」といってるそばから、直後にお茶をしに行ってデザートまでいただきました(いつだって、スウィーツははずせませぬ!笑)。

 

おいしいいただきもの、あれこれ♡

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

ずいぶん以前から、たびたびプレゼントしていただいている GODIVA のコーヒー、ヘーゼルナッツクリーム。

ピギーもお気に入り♡

これ、ほんとうにいい香りで、やみつきになります。淹れているときから、香りだけで満足できちゃう。

濃いめに淹れると、リキュールのような味わい。なんか酔っぱらう〜。꒰⁎×﹏×⁎꒱ ༘

一緒にいただいたハリネズミさんのチョコ。この子たちもヘーゼルナッツのプラリネで、GODIVA のコーヒーにとってもマッチします。

三匹で談合中 ・・・ 逃走を計画しているのか?!(汗)

こちらは、彩りの美しいフルーツゼリー。

可愛い薔薇の花の形で、童話の世界のお菓子みたい。ながめているだけで癒されます。

じつはフルーツゼリーて、フルーツ以上にフルーティなのですよね♪

お味は、ふじ林檎+バラペーストとか、パッションフルーツ+マンゴーとか、10種類ものさまざまな果物の味が楽しめます。

そして、箱をあけるなりいい香りがあふれるリアルフルーツも!

わあ、イチゴがおっきい〜!どれもまるまるしててかわいいです♡

スウィーツも好きだけど、フルーツもいくらでもいただけちゃいます。

ごちそうさまです♡ どれも大切にいただきます  ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

Merry Christmas ☆

古川貴子のブログ、ヒプノセラピー/カウンセリング

Merry Christmas ☆

昨日、すでに盛りあがってしまいました? ケーキも食べちゃいました?

でも、きょうがクリスマス本番ですよ〜1

小学生の頃、クリスマスの日は終業式でした。

給食費のあまりで、箱にはいったケーキをひとつ渡されるのですが、それが生クリームのケーキでとってもおいしくて感動したものです。

なんせ、その頃のクリスマスケーキといったらバタークリームこてこてで、このスウィーツ好きな私でも少しづつしか食べられなかったのです(ああ、平成生まれはバタークリームのケーキなんて知りませんね・苦笑)。

きょうのクリスマスケーキはこちらで〜す♪
けっこうおっきいぞ〜!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

気づきの日記「“委ねること” と “自分のゴール” のバランス」

Q:委ねることが大切だと教えていただき、いろいろなことを高い意識に委ねるようになりました。しかし、自分の達成したい「ゴールをもつこと」や「自分で決めること」などを、どこまでしていいのかわからなくなっています。

A:そうですね。私たちは成長してゆく過程でつねに、「自分の意志をはっきりともつことが賢いこと」であると教えられてきました。

「あなたはいったいどうしたいの?」「ちゃんと自分の意見を言いなさい」「自分のことなのだから、自分で決めなさい」「自分のゴールももてないの?」

それができないと「はっきりしない子」「決められない子」と、ダメな子のレッテルを貼られたものです。だから、こどもの頃の学校生活のなかでは、しっかり「決められる」、ちゃんと「自分の意志がある」子が「ヨイ子」だとと言われてきました。だから、そうなろうとみんなで頑張りました(汗)。

でもじつは、これこそが「わたし」という「我(エゴ)」が肥大してゆくプロセスといえます。

幼児の頃には、私たちは「わたし」という意識はあまりなく、自分と他のものの境界もあいまいで、自然と調和しながら生きていたのです。簡単に自分をなくすことができるので、悩まないし、衝突も少なかったのです。

でも、鏡に映る自分が自分だとわかるようになり、名前が書けるようになり、「あなたはどうなの?」「あなたは」「あなたは」と言われ続けるうちに、「わたし」が強調され、個としてのエゴの感覚がだんだんと強くなってゆきます。

この「わたし」をたくましくすることこそが、エライこと、成長の証だと勘違いしてしまいます。

これこそが、人との対立や、人からの孤立、あらゆるものからの分離、そして問題というものが生まれる起源ともいえるのです(そもそも「わたし」という感覚がないと、問題も存在できないのです。)

だから、成長の過程で肥大化してしまった「わたし」、問題の根源であるエゴの「わたし」を手放すことこそが、問題を収束させ、安らかになる道なのです。

安らかに生きてゆくためには、ほんとうのところ「わたし」という意識は重要でないのです。ほっといてよいのです。手放しちゃっても大丈夫です。

たとえば・・・まだシニアデビューしたてのフィギュアスケートの選手。

彼らは、優勝も狙っていないし、とにかく大きな舞台で滑ることが嬉しくって、思いっきり演技をします。シニアになりたてのMちゃんなんて、笑いながら軽々とトリプルアクセルを完璧に飛んでたし、Yくんもこわいもの知らずでオリンピックも金でした。

彼らは身体のことなんか忘れて、まさにジャンプになり、スピンになり、ステップになり、音楽になり ・・・ そこには欲望も野心もありません。で、びっくりするような高得点が出て、まわりも本人さえも仰天するのです。

でも・・・ 成功しちゃった「わたし」のプライドが出てくるとやっかいなことが起こります。もう、あの魔法がなくなっちゃう。

素晴らしいアーティストの歌を聴いているときも、そのアーティストがただ旋律の流れになっていて、「わたし」の「わ」の字も残っていないのが伝わってきます。ただ歌声のその響きとして存在しているのです。

そんなふうに、素晴らしいパフォーマンスには、じつは「自分」というエゴの意識は余計であり、邪魔なのです。

パフォーマーに「自分」という我が入っていると、なんか余計なものが混じっている感じがしてダイレクトに伝わってきません。引き込まれ度がぜんぜん違うのです。

「ゴールをもつこと」は悪いことではないけれど、まったくそれに執着しないことが大切なのだと思います。

なぜなら、そもそもそのゴールは何のためなのか? なぜ達成したいのか? ということなのです。

私たちが何かを欲するとき、そこには欠乏感があります。無価値感があります。それらの下には、怖れがあるのです。「それを達成しないとマズイ状況になる。コワイことが起こる」という。

ゴールそのものが、怖れに根ざしているということになります。そして、すべての動機は結果に結びついています。怖れを動機として行動を起こすと、もれなく結果に怖れがくっついてきます。動機と同じ種類のものを手にすることになるからです。

よくあるご相談として、経済的な問題があります。「お金に不安があって、増やすためにあれやこれやすべての手を尽くして行動しているのに、まったく改善のきざしが見えないのです」と。

この場合、動機に怖れと危機感があるままあれこれ動き回ってしまっているために、どこまでも危機感はつきまとってくることになります。

まず見なければならないのは、「この怖れと危機感にさいなまれている自分とは、いったいどういう存在なのだと自分で信じているのか」ということなのです。

たとえば、「見捨てられている」「助けてもらえない」「ひとりぼっち」・・・。

じつは、すべての問題はこの「自分に対する認識」という問題に行きつきます。自分という存在を誤って認識している限りは、何をしようとも、どんな努力をはらおうとも、その怖れはなくならず、どんな行動をも望む結果に結びつけることはできないのです。

自分の目に映るものは、つねに自分のこころの思いをあらわしているからです。

自分に対する認識を調べることとともにもう一つ大切なことは、自分の小さな自己(エゴ)を手放して 〜 なぜなら、このエゴさんはあまりにも極小すぎて何も知らないし、コワがりすぎるし、うるさいので 〜 本来の自分自身(高い意識)とつながって、よいコミュニケーションをとることなのです。

私たちは、エゴの言葉に耳を傾けすぎたあまり、ほんとうの自分の声を聴き分けることができなくなっています。エゴはコワいことしか言わないので、このほんとうの自分の声を聴くことができないことが怖れの原因です。源からのサポートがまったくこないことと同じなのです。

あるいは、ほんとうの自分がいることさえ気がついていないのかもしれません。

自分の育ての親よりも、誰よりも、自分のことを大切にしてくれていて、いつも幸せに導いてくれる存在がいるのにもかかわらず、その存在とまったく疎遠になってしまっていることが問題であり、それに気づかなくてはなりません。

その見守りサポートしてくれている存在に気づくようになると、じつは自分が考えるゴールなんていらなくなってしまいます。なぜなら、その存在におまかせして何もしないことこそが、いちばんうまくいく方法だということがわかってくるから。ヘタに手出しをしないことこそが一番安全、というわけです。

結局、「わたし」が何かをしようとすることは、「エゴ」が手だしすることと同じだということ。そこにすでに存在する完全さを台無しにしてしまうのは、いつだってエゴのひとことであり、エゴが手出ししてくることによってなのです。

私たちがやらなくちゃいけない唯一のことといえば、思考として口をはさんでくる「エゴ」に対して、いちいちお答えしないことぐらいです。

エゴが「ああ!たいへん、どうしよう!どうしよう!」と言ったとしても、「ほんとだ〜!ああなるかも、こうなるかも」なんて、お答えしないことです(みんなエゴに対して優しすぎて、全部お答えして、延々と会話をしています)。

ラジオやテレビがしゃべっているのに対して、いちいちお答えしないのと同じです(え? テレビにお答えしてる? 汗)。

エゴは勝手に一日中しゃべっていて、それはまるで自分が考えているように思えます。いいえ!勝手におしゃべりがやってきているだけなので、ただスルーしましょう。

ほっておかれて相手にしてもらえないとわかると、エゴ(思考)はちゃんと静かになってきます。凶暴でもなくなります(エゴがうるさくて、残酷なことを言うのは、ちゃんと聴いちゃって、話しをあわせているからです)。

すべてはほっておいたほうがうまくいくのです。なぜなら、そこには全体である完全性があるから。

「自分でしたい、決めたい」と感じるときには、その動機を探ってみましょう。きっと、コワがりのエゴが「絶対そうしないとダメだよ。こんな悪いことになっちゃうよ〜」と言っています。

その怖さを見つけたら、何か新しい行動を起こすよりも、その怖さを探求して感じきって、終わりにしてしまいましょう。そうすると、その行動じたいに重要性がなくなります。

あとは、人生がどのように展開するかただ静かに見守るだけで大丈夫。私の人生に勝手にやってもらうのです。

そうしておけば、必要なことは必要なときに、ほんとうの自分からちゃんとお知らせがやってきます。そのお知らせを受けとるためには、エゴ(思考)のお相手をし続けていると気づくことができません。エゴ(思考)はほっておきましょう!

エゴちゃんが退いてくれると、大いなる自分が煌めきを放ってくれるようになります。その煌めきのなかでは、今までの風景が違って見えます。

そのとき、ゴールをめざすことも、決めることも不要となります。大きなる自分という星の煌めきを頼りに進みましょう!

私は「あなた(エゴ)がいなくなると、神(ほんとうの自分)がはいってくる」という言葉が好きです♡

☆★☆ Merry Christmas ☆★☆

 

 

「気づきの日記」バックナンバーはこちら: 古川 貴子 ヒプノセラピーカウンセリング