経営者・エグゼクティブのためのセラピー

経営者・エグゼクティブのためのセラピー


はじめまして

心理療法家、セラピスト の古川貴子です。

'93年以来、心理セラピストとして二万人をこえる臨床経験と、職場で必要とされるEAPやキャリアコンサルティング、メンタルヘルスケアなどの知識をひとつにし、《 経営者・エグゼクティブ 》の方々のメンタルケア、ならびに従業員向けのメンタルヘルス サポートなど、職場におけるこころのケアや問題解決のための セラピー、カウンセリング、セミナー、ワークショップ、研修、講演会等 を提供しております。(古川貴子の詳しいプロフィールはこちらから)

睡眠時間をのぞくと、私たちの人生は “職場生活” そのものです。つまり、「個人の人生の充実」は「職場生活の充実」にほかなりません。「職場生活の充実」のためには、「こころの力」を見直し、癒し、解放することで、一人ひとりが本来もっている力を取り戻すことが重要となります。それによって、自主性や創造性、協調性が芽生え、自己効力感が改善され、おのずと会社の安定感や生産性の向上、発展にもつながってゆきます。まさに、「人を内面から解放し、豊かにすること」こそが、「会社をしっかりと強く育てる」ためにとても大切なことといえるのです。

それにはまず、会社の舵取り、船頭である《 経営者・エグゼクティブ 》のこころが穏やかに癒され、制限から解放され、安定し、強く、しなやかになることが必要です。それはまさに、本来私たちのなかにそなわっている力に目覚めることなのです。それによって、従業員の方々も正しいこころのもち方と方向性を見い出し、安定感を身につけることができるようになります。

つまり、「幸せな個人・癒された個人 (= 経営者・エグゼクティブ・従業員)」こそ、会社を力強く支え、動かす力そのものであり、発展しつづける組織には欠かせない原動力です。そのために、まずは《 経営者・エグゼクティブ 》のこころが癒され、強くしなやかにになることです。その癒された強さこそが、安定した強い会社経営としてしっかりと反映されてくるのです。

信頼されるリーダーに必要なのは?

周囲から信頼され、的確な判断ができ、包容力と安定感のあるリーダーであるためには、強くしなやかな、安定した「こころ」が必要となります。それは、私たち誰もがもつ本来の癒されたこころの状態といえます。

そのために、欧米では各界の指導者や経営者は、セラピーやカウンセリングを定期的に受けていることを公言することで、安定した信頼できる人物として社会的な信用をえています。セラピーを利用してこころのケアをすることは、隠したり、躊躇するようなことではなく、むしろ安定した人物としてのイメージを与えることができ、またセラピーを受けることじたいが、仕事をスムーズにすすめていくうえでの重要な一部としてとらえられているのです。

日本でもますます、「こころ」の力が重要視されはじめています。それは、外側で起きている様々な事柄やそれらの結果に翻弄されつづけるのではなく、安定した「こころ」をとおしてその世界を見ることによって、世界に安定感を与えることができる、ということが理解されはじめているからに他ならなりません。

今後ますます、強く安定したリーダーとして、自分自身の「こころ」への正しい理解と、癒された「こころ」の力が重要視されることでしょう。
セミナーの様子1

問題が解決できる場所は、なぜひとつだけなのか?

〜 その問題がどこで起こっていようとも(職場、あるいはプライベート)・・・
その問題が外の世界、あるいは自分のなかにあるように見えようとも・・・
それがどんなに大きな問題で、複雑に見えようとも・・・
じつは、それらにはなんら違いがありません。
解決に難しさの違いというものはないのです。
なぜなら、それらはすべてたったひとつの同じ場所から生じているからです。〜

どのような問題であろうとも、それが解決できる唯一の場所は「こころ」以外にないのです。すべての問題は、「こころ」のなかで起こっており、それが外の世界へと映しだされているからです。

それゆえに、問題が「外」にあると信じて自分の外側と格闘しているあいだは、決して問題を解決することができません。問題の原因がないところで、問題を解決をしようとしているからです。たとえ、問題が解決されたように見えてたとしても、それは場所を変えただけであり、また別の問題として形をかえた問題が目のまえに現れることになるのです。

解決策は、どのような問題であろうとも、外側から内側へと方向を転換して、あなたの「こころ」と向きあうことで、おのずと正しい答えが与えられ、解決の道筋が見えてきます。そここそが、答えが唯一存在する場所だからです。

じつは、すべての問題の原因というものは、こころの深いところに抑圧されているため、ふつうの意識状態ではなかなか気づくことができません。そのため、いくら自分で努力をしても、なかなか解決につながらないのです。深い意識に長いあいだ抑圧されている思いこみ(罪悪感や怖れ)が、外の世界に映しだされることで、様々な問題のバリエーションが生みだされ、それがあなたを悩ませる問題となるのです。

しかし、その問題の原因となっている思いこみ(罪悪感や怖れ)さえも、じつは真実でもなければ、存在しているものでもありません。それらはたんに過去の様々な誤解から生じ、こころは今だにそれらを信じこんでしまっているのです。正さなければならないのはこの「間違った思いこみ」であり、これこそが取り除かれ、解放されなければならないものなのです。

セラピーによって、こころ深いところに抑圧されているこの誤解に光をあて、正すことで、それらを取りのぞくことができます。それによって、こころが外側へと問題を投影することを取り消し、本来の力を秘めた正しいこころの状態へと戻してあげることができます。この間違ったこころを正すことこそが、問題の原因を手放すことであり、こころが問題を外側へと映し出すことを終わりにすることができるのです。

問題は、成長・発展のための「贈りもの」

問題を自分を阻むものとしてとらえているあいだは、それと闘わなければなりません。しかし、「人生のなかで起こることすべては、自分への贈りものである」ととらえるとき、目のまえにあったはずの問題が変化してきます。なぜなら、ものごとの意味は、自分がそれをどのように見るかにかかっているからです。自分が目にしているものに意味を与えているのは、自分の「考え」なのです。

もしも今、問題を目にしているとしたら、それは長いあいだ抑圧されてこころの深くに隠されていた間違った思いこみ(罪悪感や怖れ)が姿をあらわしているのです。そして、ついにそれらを「解放するためのチャンスがやってきている」ということなのです。癒しと、さらなる成長のチャンスが与えられたということなのです。

なぜなら、問題を解決するためには、まず問題が何であるのかに意識的に気づく必要があり、問題に気づいたということは、それを手放す段階にはいったということなのです。なので、それに翻弄されたり、闘おうとすることなく、外側から内側へと注意の方向を変えることで、自分自身のこころと向きあうことをしてみます。すると、今まで抑圧されてきた問題の直接の原因を探求することができ、それらを解放し、癒すことができるのです。

その問題のまさに原因である深い意識に存在する思い違いにまでさかのぼり、それを手放すことにより、わたしたちはいつもでも自分にそなわっている自然な完璧さの流れにのることができます。なぜならば、本来のこころの状態は健全さそのものであり、必要な強さはすでにあなたにそなわっているからです。それは創りあげるようなものではなく、もともとそなわっているのです。その本来のこころの状態が外に映しだされることで、安定感のある、穏やかな世界を知覚することができるのです。本来の完全なこころというものには、問題など存在しないのです。

そのような理由で、無理な努力や頑張りというものは必要がありません。努力や頑張りは、自分自身の弱さを信じている間違ったこころの態度にすぎません。あなたに必要な強さのはすべては本来そなわっており、そのあなたの姿をみちびき出す必要があるだけです。ほんとうは、直すところも、正すこともないのです。癒しとは、ただ自分のものではない間違った思いこみというジャンクを手放してあげることであり、そうすることでおのずと、あなたの潜在的な力が解き放たれ、また大きな力とひとつになり、自然な流れが生み出されるようになります。

ただひとつしなければならないことは、「正しい場所(あなたのこころ)において、あなた本来の力を妨げていいる障害を取りのぞいてあげる」、つまりこころのお掃除をしてあげること。そうすることで、本来のあなたと同調している大いなる力、源の叡智とひとつになることができます。そのような見方をすることで、問題というのは「ほんとうの自分を妨げるこころのゴミを手放し」、本来の自分自身のこころの力を取りもどすためのまたとないチャンス、「贈りもの」となるのです。
セミナーの様子2

違いをつくりだすのは「セラピー」

真に自分自身を癒し、本来の自然な流れとともに存在する力を取り戻すには、従来のカウンセリングやコーチングのような言葉のやりとりのセッションでは限界がある場合があります。さらに深いこころのレベルである潜在意識においての癒しが必要となります。

なぜなら、私たちの思考や行動、言動を真につかさどっているのは深い意識(潜在意識)にある思いこみであり、そこに存在している刷りこみ(プログラミング)によって、私たちはある意味ではロボットのように自動的に動かされているからです。それゆえ、私たちの意志の力ではどうにもならないことがあり、「わかっちゃいるけれどやめられない」という経験をたびたびすることになるのです。もし思考だけですべてが変わるのであれば、そもそも問題が起こることがないのです。

この問題の根源である深い意識は、ふだんはブロックされているため、なかなか自分の間違った思いこみに気づくことができません。問題を解決し、こころに大きな変化をもたらすためには、このブロックをゆるめ、深い意識にアクセスし、そこにある役にたたない刷りこみ(プログラミング)を見つけだし、手放し、本来の自分へと戻すための「セラピー」が必要となります。

「オフィス・るん」のエグゼクティブ セラピーでは、通常の意識状態よりもさらに深い意識を扱うことができる ※1「ヒプノセラピー(催眠療法)」や ※2「セラピューティック カウンセリング」により、言葉のやりとりをしながらリラックスし、深い意識へのブロックが解除されるこころの状態をつくりだします。そのため、従来のカウンセリングやコーチングよりもさらに深く、問題の原因が存在する意識へとアプローチすることができ、問題の原因となる間違ったこころを正すとともにほんとうの解決へと導くことができるのです。また、ふだんは体験することのない深いリラックス状態を身体が覚えてくれることにより、活力や免疫力もアップします。

「世界とは、あなたのこころの鏡である」という言葉を耳にしますが、まさに自分が目にするものは自分に責任があり、それは自分自身の深い意識が外へと映し出されているからなのです。外からやってくる問題の被害者という立場から解放され、すべてのものごとを生みだす自分のこころへと立ち戻ることにより、源の叡智とひとつになり、大きな安らぎと解放感、自由を手にすることができます。それこそが、真の自信へとつながるものなのです。

※1「ヒプノセラピー」とは、

軽いリラクゼーション(催眠)を利用したセラピーです。ゆったり横になり、セラピストの誘導で、深くリラックスしたこころの状態へと導かれます(目を閉じているのと同じで、意識がなくなったり、知らないうちに何かをされるということはありません)。

そこには、あなたの行動パターンや心理的なクセ、そしてあなたが目にしている世界の原因ともいえる〈思いこみ〉が存在しています。その深い意識にアプローチすることで、こころのなかの「いらないもの」をかたづけ、あなた本来の可能性や魅力・本質が花開く、新たな人生のパターンを経験できるようにしていきます。自分らしい人生を手にするとともに、「幸せ・喜び・愛・安らぎ」へと導くことができる、穏やかで効果の高いセラピーです。
※2「セラピューティック カウンセリング」とは、

リラックスした雰囲気で言葉のやりとりをしながら、短時間で深い意識における癒しを行います。

クライアント独自のものの見方や「思いこみ」を探ることにより、いまの問題を作りだしている原因を明らかにします。そして、その「思いこみ」を取りさりることで本来のものの見方を取りもどし、その結果、実際の人生にける考え方や行動に変化を起こすとともに、目に映る世界も変えていきます。

こころを正しくする教育の必要性

私たちは学校教育でさまざまな知識を身につけますが、社会に出て問題に出くわしたときにはじめて、自分が無力であることに気づかされることがあります。それは問題とともにあらわれる自分の「感情」に圧倒されてしまい、学校で身につけた知識は役に立たないように感じてしまうからです。私たちは、自分の感情の扱いというものを学んだことがないために、簡単に感情の大波にのまれてしまい、翻弄されてしまいます。そのことが、正しい問題の解決を阻むことになります。ひどいときには、出来事よりも感情によって崖っぷちにまで追いつめられてしまうのです。

そのようなことになってしまうのは、私たちは「本当に必要なことを学校や家庭で習ってこなかった」ということです。本当に必要なこととは何でしょうか? それは、問題に直面したときにどのように「感情」に対処するか、ということなのです。なぜなら、問題にネガティブな感情がくっつかない限りは、それは重大なことでもシリアスなことでもなく、問題となりえないからです。正しい「思考」をもつとともに、正しく「感情」に対処することも大切であるということなのです。

起こっていることはこころによって認識され、こころが「それは危険である」という判断を下すと、動揺、不安、怖れが生じます。こころの判断に従って、それにふさわしい感情が生まれるのです。ということは、問題の真の解決法とは、正しい判断ができる正しいこころをもつことであり、それによって穏やかな感情をもつことができるのです。そして、正しい判断ができるようになるためには、正しいこころの状態、つまり癒されたこころが必要となります。

そういった理由から、「オフィス・るん」のエグゼクティブ セラピーでは、深い意識の間違った思いこみを解放するさまざまなセラピーメソッド(例:ヒプノセラピーなど)に加えて、「真の問題の解決法」ともいえる「こころの力」や「正しいこころの使い方」「こころの浄化の方法」など、「こころ」や「本来の自分自身」についても学んでいただいています。

「癒すこと」と「学ぶこと」をともに行うことで、エグゼクティブ セラピーをお受けになったあとも、安定した正しいいこころを保つ助けとなります。そして、こころさえ正されることができれば、今まで問題として見ていたものはまったく違った体験になることができます。そこには、揺るぎない安定感のあるあなたがいるのです。
セミナーの様子3

経営者・エグゼクティブのためのセラピー

* プレセッション(初めての方)

本格的なセッションをお受けになるにあたり、まずはプレセッションからおとりいただくことをおすすめしております。(プレセッションはセラピーではありません。)

現在の状況や問題点、望む結果、またご自身の生育環境、こだわっている過去の出来事など、あらかじめ聞き取りを行うことで、問題の焦点を明らかにし、効果的にセラピーをすすめられるように下準備をいたします。また、さまざまなメソッドのなかから、状況や目的、好みにあったセラピーをお一人おひとりのためにカスタマイズしてゆきます。

また、深いセラピーを行ってゆくためには、セラピストとのあいだにラポール(信頼)を築けることがセラピーでよい結果を手にするための鍵となります。そのためには、セラピストとの相性が重要です。プレセッションにお越しいただき、まずは話しをしてみるということも大切なのです。

* エグゼクティブ セラピー(1クール、1セッション、期間契約)

「ヒプノセラピー(催眠療法)」、「セラピューティック カウンセリング」、その他の効果の高いメソッドを問題にあわせて、あるいはご希望をうかがいながら、お一人おひとりにあったオリジナルセラピーとして提供させていただきます。いずれも、問題の原因となる深い意識にある思いこみ(プログラミング)を、自然なかたちで解放することにより、本来もっている自分自身の力を取りもどしてゆくセラピーです。

それと同時に、こころに正しい教育を施すことも必要です。なぜなら、私たちはすべてのことを真逆にみているからです。正しい見方をとおして、「自分のこころと感情の扱い方」「自分と世界との正しいかかわり方」「自分も相手も尊重するコミュニケーション術」など、学校では習わなかったけれど、生きていくうえで知っておく必要がある「正しい知識」についても学んでいただく時間をとっております。

セラピーとは、深い意識にある間違った思いこみを手放して本来の自分の力を取り戻してゆくものであり、またこころが世界や人、ものごとに対して正しいとらえ方ができるように教育しゆくことです。そのためには、ある程度継続的なセラピーが必要となります。(回数、期間などは、個人差がありますので、ご相談ください。)

※エグゼクティブ セラピーは、基本的には対面で行っております。(セッションのための出張も承りますが、別途、交通費、その他経費が必要となります。)

プレセッション 60分 10,000円
エグゼクティブ セラピー 1クール
(3回 X 90分)
140,000円
1セッション
(90分)
50,000円

エグゼクティブ セラピー 期間契約 金額は期間・回数等により異なりますのでご相談下さい

従業員向けのメンアルケア サービス

*従業員向けメンタルヘルスサービス、セラピーの提供(スポット・期間契約)
*従業員向けセミナー・ワークショップ、研修、講演会の提供
*従業員向けキャリアカウンセリングの提供
*外部カウンセリング、セラピールーム、EAPとしての活用
*カウンセラー、セラピストの派遣(日米バイリンガルの紹介の可)

セミナー・ワークショップ・研修の費用
例) セミナー・ワークショップ・研修 (半日) 100,000円〜
セミナー・ワークショップ・研修 (1日) 150,000円〜
目的・内容・人数・条件などに応じてカスタマイズいたします。ご相談ください。

セミナー・ワークショップ・研修、講演会例

  • 弱みを強みにかえる
  • 折れないこころをつくる
  • こころの根っこを強くする
  • モチベーションをあげる
  • アサーションを学ぶ
  • 人も自分も大切にするコミュニケーション
  • 発想力を磨く
  • 自分の人生と会社の人生をデザインする
  • 自分の感情、人の感情との向き合い方
  • 本当の自分を理解する
  • 自尊心、自己信頼、楽観性の育て方
  • 自分を知り、相手を知り、コミュニケーションを向上させる
  • こころのワクを広げる
  • ほんとうの強さを味方にする

お申し込み方法

「お申し込みフォーム」からのお申し込み

ご希望のお日にち、お時間をいくつかお知らせください。
また、携帯、パソコンにて、以下のメールアドレスを受信できるようにしておいてください。
chiara@df7.so-net.jp

「お電話」でのお申し込み

セッション中は留守番電話になっておりますので、以下のメッセージを録音してください。
TEL 03-3719-6414
  1. エグゼクティブ セラピーをご希望であること
  2. お名前
  3. 電話番号
  4. (ご希望のセッション日)

*セミナースケジュール等ですぐに返信できない場合もございますが、基本的には2日以内に返信させていただきます。返信がない場合には、通信トラブルの可能性もありますので、お手数ですが再度お問い合わせ下さい。

お申し込み・お問い合わせフォーム

経営者・エグゼクティブのためのセラピー
申し込み・お問い合わせフォーム
送信内容
(必須入力)
お申し込み  お問い合わせ
お名前
(必須入力)
メールアドレス
(必須入力)

確認のため、もう一度入力して下さい。
電話番号
お申し込み プレセッション(60分)
エグゼクティブ セラピー 1クール(3回 x 90分)
エグゼクティブ セラピー 1セッション(90分)
お問い合わせ エグゼクティブ セラピー(期間契約)
セミナー、ワークショップ、研修、講演会について
その他
メッセージ お問い合せ、希望時間帯などありましたらご記入下さい。

営業時間 / アクセス

営業時間

9:00 〜 20:00
定休日 水曜日

電話 & メールアドレス

アクセス

オフィス・るん / ヒューマンセラピー研究所
東京都目黒区上目黒1-2-9-ハイネス中目黒603

東急東横線 営団地下鉄日比谷線 中目黒駅 徒歩3分
東急東横線 代官山駅 徒歩4分
JR線 恵比寿駅 徒歩8分

守秘義務 / キャンセルポリシー

【守秘義務について】

セッション時にお話しになられたことは、ご本人の了承なしで他に漏れることは一切ありません。安心してご相談ください。尚、自傷他害を含む問題がある場合には、しかるべき機関への情報を開示させていただく場合がございます。

【 キャンセルポリシー 】

ご予約の変更・キャンセルは、セッション前日の 18:00 までとさせていただいております。メールかお電話にて、お知らせください。セッション当日の変更・キャンセルにつきましては、返金できかねますのでご容赦ください。